2018年11月22日(木)

上方落語-桂米朝-/ヤマナカ[]
こんにちは、三年のヤマナカです。
めっきり寒くなって鍋が美味しい季節ですね。鍋のいいところは切って放り込むだけなのに「自炊?してるよ。」って言えるところかと思います。笑

近頃は「Spangle call Lilli line」と「赤い靴」というバンドを聞いて癒されています。どちらも大人な女性って感じがしてこの季節によく合います。おすすめです。
でも今回はタイトルからお察しいただけるように自分の得意分野について話そうかと思います。よかったらお付き合いください。笑

みなさんは最近お元気でしょうか?
私は周りが忙しそうにしているのに動けていない自分に少し焦っています。レビュー書いてるのに。
就活、実験、人間関係etc...ストレス社会の中で大小それぞれではあるものの何かしら心が疲れている人、いるかと思います。
元気がほしい時の対処法も人それぞれかと思いますが、私はよく落語を聞きます。

「桂米朝」という人は、落語が好きな人ならだれもが知っている程の名人だと思います。人間国宝にも選ばれ、その噺の技術の高さはもちろん、古い文献から誰もやっていなかった落語を掘り出し多くの噺を生き返らせたことでも有名な人です。そのきれいな関西弁と人情味あふれる登場人物や当人の人柄が私は大好きです。

今日はたくさんある噺の中から、YouTubeで聞けてしまう僕のおすすめをいくつかあげてみようと思います。


1.いもりの黒焼き

あほな主人公が賢い友人のところに相談しに行くというのは典型的な落語の始まり方です。まくら(本編が始まる前のお話)でも話されていますが、今では使われない言葉が落語にはよく登場しそのたびに落語家の工夫がなされています。この話はオチが今では使わない言葉なためにまくらも重要な役割を果たしています。ちなみに噺のテーマは「モテる男になる条件について」です。是非みんなで聞きましょう。

2.兵庫船

これも旅のお話です。気に入った人間を食べたいサメが舟の進行を妨害するので誰が気に入られているか調べるという、設定がなかなかファンタジーでこんな落語もあるのかと楽しんでもらえると思います。ちなみにこれを聞いて「あれ?How to count one to ten?」と思った人は筋金入りのインストオタクと認めましょう。

3.一文笛

これは米朝さんが自ら作ったオリジナルの落語です。落語の中には面白い内容の「滑稽噺」と心温まる「人情噺」があり、これはどちらかというと後者に当てはまります。私もこの落語と出会ったのが最近なんですが、物語の始まり方が他のものと違う異様な空気感でとても気に入りました。わかりやすく言うとregaの「VIP」みたいな。演劇にも似た先の読めない展開が刺激的です。これも落語なのかと是非感動してください。

まだまだおススメしたいものがあるのでもし今回のレビューで気に入った人がいれば話してください。お待ちしています。
またいつかバンドのレビューも書こうかなと思います。
それでは。

ヤマナカ

←前|次→
[コメントする]

[←戻る]