2017年07月11日(火)

有島コレスケ/おおつか[]
有島コレスケという人物のレビューを書きます。
ついつい声に出したくなる名前ですね。
彼に関して、以前はtoldのベーシストとしてしか見ていませんでしたが、今年の春頃から他での活動にも興味を持つようになったので、このような形でレビューを書きます。
前半ではその多様な活動について、後半では夏定でやるtoldについて書きます。
多少長くなるので、前半は飛ばしてもらって構いません。

・arko lemming

有島コレスケのソロバンドです。
作詞作曲から、歌、全パートの楽器演奏を一人でやっています。
見た目の割になよなよしい声。

・ドレスコーズ

今回toldでなく、有島コレスケでレビューを書こうと思ったのは、ドレスコーズに因る部分が大きいです。昔聴いたときはそうでもなかったのですが、数か月前から凄くハマっています。
ドレスコーズでは、サポートベースを務めることが多いのですが、今年のツアーではギタリストとして参加しています。

・0.8秒と衝撃。

結構有名なバンドだと思います。ちょっと前に活動終了が発表されましたね。
僕は全然詳しくないので、検索して一番上に出てきた曲を貼ります。
カープの丸選手が去年登場曲として使用していたとか。
このバンドでは、ドラムを叩いています。

・スズメーズ

正直、有島コレスケを介さないと存在を知れなかったバンドだと思います。
書くが迷いましたが、聴いてみたら結構良かったので一応。
スズメーズではベースを弾いています。

有島コレスケの多岐にわたる音楽活動の紹介は以上です。
他にもサポートなどをやっていますが、長くなりすぎるので割愛。

ここから、toldについて書きます。
夏定でやる曲を含めて、数曲貼ります。

Gardens

toldを好きになった頃、この曲ばかり聴いていました。
分かりやすい3拍子の曲だと思います。グッとくるものがあります。

Fall

シンプルな印象がある曲です。
割と淡々と曲が進んでいきますが、こちらの曲もどこかグッとくるものがあります。

RGB

ピックを咥えてハイタッチ、アツい。
声が出ていない、アツい。

そこまで動画があがっていないので紹介できる曲が絞られてしまうのですが、
1stアルバムの「Early Morning」が凄く良いので、ぜひ聴いてみてください。

それでは、夏定楽しみましょう。


←前|次→
[コメントする]

[←戻る]