2016年04月14日(木)

THE HIGH-LOWS/ハム[]
松木のレビューに触発されて僕も好きなバンドのレビューを書きます。



高校時代たくさん聞きました、THE HIGH-LOWSです。
甲本ヒロトと真島昌利のバンドには他にTHE BLUE HEARTSとザ・クロマニヨンズがありますが、僕はハイロウズが一番好きですね。

実は新一年生でこの3バンドが好きといっていた者がいたので、もし彼がF研に来ればついに僕の時代が来るのではないか、と思い、企画宣伝以外での初レビューを書くわけです。


上の「青春」はその名の通り青春を感じさせるさわやかさ、かすかな寂しさも感じます。
中学生はブルーハーツ、高校生はハイロウズ、小学生はクロマニヨンズ…なんとなくわかりますね。

この曲はハイロウズの中でも3番目くらいに有名な曲ではないでしょうか。
1番はタイアップの多い「日曜日よりの使者」、2番目は名探偵コナンの初代OPでもある「胸がドキドキ」ですかね。

まあ有名な曲ばかり紹介してもアレなのでマイナーな曲も。



キーボードの音色がきれいな曲です。

ブルーハーツ、ハイロウズ、クロマニヨンズはみんな夏の曲が多いので冬の曲は珍しいです。
ハイロウズはギターのリフを押し出していくような激しい曲のイメージがあるかもしれませんが、実はこういう雰囲気の曲も同じくらいあります。



短いのでおすすめ。
アルバムタイトルの曲でアルバムの最後の曲なのでボーナストラック的にも感じますが、根強い人気を持つ曲です。

深読みさせるような歌詞が多いのも魅力だと思います。
本人たちは何も語らないのでいろんな解釈ができます。
僕はこのバンドの(というかこの二人の作る)歌詞も好きなのです。



ハイロウズは高校生といいましたが、十四才という曲です。これは一応シングル曲です。
こういう歌い方をしているのはこの曲だけなので印象的です。

何を言っているかよくわかりませんが、たぶんロックに目覚めたんだなあという歌だと思います。



さて、紹介したい曲はまだまだたくさんありますが、とりあえずここまでで。
夏になったらまた書きます。見てくれた人に感謝。

ラストシングルで終わります。
PVが消えたのでバイク画像を楽しみながらどうぞ。
これもとってもいい曲です。




おまけ
しゃべるとこんな人です。



(コメント:3件)
←前|次→
2016-04-15 03:29
[きゃべつ]
ハイロウズの青春感がたまらなくいいよね〜
高校に戻りたいね〜
Android

2016-04-15 03:46
[ハム] []
>>きゃべつ
夏の天気のいい日に自転車で海沿いを走りながら聞くと気分は高校生になれるね
本当はだめだけどね
Android

2016-07-08 03:40
[ハム]
僕の時代…
Android

←|→| (1/1)

[コメントする]

[←戻る]