2015年10月01日(木)

Procol Harum / まつき[]
ついに10月!夏休みは終わりですが学祭が近いので楽しみです。
ここが学祭企画の予習で埋まる前に普通のレビュー書きます。


今回紹介するのは Procol Harum (プロコル・ハルム) というバンドです。


Procol Harum / A Whiter Shade Of Pale


とにかくイントロがいい。とてもいい。

60年代後半から70年代に主に活動していた英国のバンドです。
ピアノ、オルガン、ギター、ベース、ドラムの編成です。ツインキーボード。

上にあげた曲は、邦題では「青い影」、彼らのデビュー曲にして代表曲です。
世界的大ヒットで、日本でもユーミンが影響受けたりしてます。(ひこうき雲なんかとても分かりやすい)
ただ、あまりに売れすぎてこの曲以外はあまり有名ではないようです。よくありますよねそういうの。


Procol Harum / Repent Walpurgis


こちらはインストです。僕がこのバンドに興味を持ったのは、この曲に惚れたからです。

途中にバッハの引用が入ってます。一曲目もそうですが、クラシック(特にバッハ)からの影響があるようです。


Procol Harum / Wreck Of The Hesperus


ピアノ、ギター、ストリングスの絡みがいい。


Procol Harum / The Devil Came From Kansas


古めかしい気品を感じます。堂々としてるなあ。



とまあこんな感じです。英国の風が吹いてきそうですね。はい。僕は大好きです。
興味持った方いたらCD何枚か持ってるので貸します。

最後に一曲。では。

Procol Harum / Pilgrim's Progress



まつき
(コメント:1件)
←前|次→
2015-10-01 23:03
[ハム]
オルガンは上品だなあ
Android

←|→| (1/1)

[コメントする]

[←戻る]