2014年10月27日(月)

amazarashi[]
今週学祭ですね!企画でやるバンドのレビュー書きます。

夏を待っていました

とりあえずこの曲を聞いてみて好きだなと思ったらだいたいの曲が好きになれるし、嫌いだなと思ったらどれも好きになれないと思います。

amazarashiはメロディアスなリードギター、ぐっと引き込まれる歌声、独特な言い回しや韻によるメッセージ性の強い歌詞が特徴的なボーカルとキーボードの2人組ユニットで、サポートメンバーを迎えてバンド編成の曲を作っています。顔出しをしないことでも有名で、ライブ映像を見ればわかるのですが、かなり凝った映像や照明で顔が見えない演出をしています。
曲だけでなくPVも独特。かなり抽象的で何を伝えたいのかよく分かんないけど。

空っぽの空に潰される

このバンドの代表曲の1つ。amazarashiにしては珍しい実写PV。サビのボーカルとリードギターの両立が素晴らしい。

アノミー

一週間これだけ聞いている時期があったくらいには好きな曲。なんかのドラマの主題歌になってたと思います。1番サビとラスサビの対比がとにかくカッコイイ。

ラブソング

私が初めて聞いたamazarashiの曲ですけど、PVの内容的に他の曲のPVを見てからこの曲のを見てほしいです。歌詞がかなり抽象的ですけど、サビがすごく引き込まれます。

ここにあげた曲以外にもピアノをメインにしたスローテンポな曲だったり電子音をふんだんに使った曲だったり色々ありますので、気に入ったらぜひ他のも聞いてみてくださいね。

おまけ
ライブ映像(一部)

空っぽの空に潰される/美しき思い出/夏を待っていました

ナカジマ

←前|次→
[コメントする]

[←戻る]