2009年12月28日(月)

KJ Sawka - Pz[]


レビューというか人物紹介になってしまうので、名目的にサンプリング集をレビューするという形を取らせていただきます。

人力ドラムンベースをやってのけるドラマー、KJ Sawka を紹介。





上で述べたとおり、彼は打ち込みで作られたような機械的ビートを生でやってしまう超人。

実際に見れば無茶っぷりが良く判ると思います。



↑ 0:25ぐらいにノイズがあるので、一応注意して下さいな。





こんな感じで、激早フレーズからファンキーなブレイクビーツまで、プレイの幅は広くてグルーブ感MAXなプレイヤーです。

本当は音源を紹介したかったのですが、残念ながら日本ではまるで取り扱ってないので紹介しようがないのです。無念。

ということで、代わりに彼のサンプリング集を紹介(写真がそれ)。



サンプリング集というのは、簡単に言うとフレーズや楽器の単発音なんかが沢山詰まったCDです。

コレを利用して音楽を製作するわけです。

今回のサンプリング集には、KJ Sawka 自身が叩いたフレーズや、彼の使うドラムの単音などが大量に入っています。

どれも音が抜群に良く、フレーズも唯一無二で最高。音楽製作に大きく貢献してくれること請け合いです。



…と、ここまで書いて気付いた。サンプリング集にお世話になる人なんていないじゃん!俺だけじゃん!

でも、サンプラーとか使って意匠を凝らした曲を作ったりしたら、きっとバンドとしてレベルアップすると思うのね。

今後そういったテクニシャンがF研に現れる事を期待して、今回のレビューはおしまい。

皆さん、よいお年を。


←前|次→
[コメントする]

[←戻る]