2009年12月21日(月)

Demure-Engine Down/かねし[]



1. Songbird
2. Pantomime
3. Far From Now
4. Detour
5. Taken In
6. Demure
7. Overrated
8. Second of February
9. Closed Call
10. Relief Sketch

このバンドについては僕はかなり前から言及してきたのですが、その割に周囲からの評価があまりよろしくなく、そのたびにぬぬ〜っ、と湧き上がる思いをこらえてきました。
ところが先日関ちゃんとくろもっちゃんにこのアルバムを聞かせたところ、予想外に高評価だったので書くことにします。

ヴァージニア州はリッチモンドの4人組で1996年に結成。
日本へは2002年にthere is〜(森ちゃんのレビュー参照)が呼んでますね。
もちろん移転前の仙台バードランドにも来ていますが、当時まだこういった音楽と出会っていない僕は、何年か後に激しく後悔をするんですが。
(ちなみにこの日のメンツはエンジンダウン、ゼアイズの他に、仙台からはThe End、Rise&Fallという驚異的な組み合わせ…。)

あー、見たかったぜ!
ライブは見れるときに見ておきましょう、痛感。


2005年の解散までに4枚のアルバムをリリース。
作品ごとに劇的に作風を変えてくるのが彼らの音楽の特徴なのですが、今回紹介するのは3枚目。
おそらく知名度が最も高く、入門編としても最適と思われる一枚です。
ちなみに彼らの所属するLovittレコーズは他にもSleepytime trio、400years、Denaliなどかっこいいバンドの音源を出していますので、機会があればこちらの方も。


このバンドの特徴、および好きなところ:

・哀愁、悲壮感漂うギターのコード、アルペジオ
・暗闇に浮かぶ灯篭のようなボーカルの声の印象
・メロディセンス
・ドラムの入れ方がありそうでない感じである
・こんな雰囲気を出せるバンドほかにいないよ!
・ギタボのアンプがオレンジ
・ギタボのギターがリッケン
・ベースがチャーミングでイケメン

といったところですかね。


メロディラインはかなり影響受けてますねー。
あと僕がライブ中に首を縦に振ってるのも、このバンドのマネから来てます。

また今日改めて気付いたのですが、服装とかもちゃっかりマネしてますね。
ギターボーカルのKeeleyの格好をDVD何回もリピートしてはチェックしたり。
黒いコンバースに黒い紐つけたりとか、パーカーの上にジャケットはおったりとか、っていうかこの時期からもうスキニー履いてんのかよ!みたいな。


動画はライブ映像!
音質あまり良くないですが。

M-1「Songbird」



M-2「Pantomime」


M-8「Second of February」


違うアルバムですが、ライブ映像かっこよかったので載せます。
2nd「To Bury Within The Sound」よりM-2「Trial Terror」


白いロンT着てライブとかって、かっこよすぎでしょう!
近日中にユニクロに走ります。

みんなももっと書け〜、所詮自己満だぬ。
(コメント:2件)
←前|次→
2009-12-22 11:23
[黒本] []
かっこいいバンドはいきなりオシャレというか、流行先取りしてる感はありますよね!

いつだか見た3cm tour?のDVDでも、2000年ぐらいなのにウェストポーチ肩掛けしてたりスキニー穿いてたりしてましたし。

いや、本当にメロディと声が凄くいいですねー。
SO903i

2009-12-22 20:55
[かねし] []
さっきユニクロいって白と黒のロンTかってきたわ笑

ライブでまんま同じ格好してたら嘲笑してくれ。
F09A3

←|→| (1/1)

[コメントする]

[←戻る]