2009年12月15日(火)

Fortress - Protest The Hero / ひでを[]
はいはい連投連投。大好きですPTH。


01. Bloodmeat
02. The Dissentience
03. Bone Marrow
04. Sequoia Throne
05. Palms Read
06. Limb From Limb
07. Spoils
08. Wretch
09. Goddess Bound
10. Goddess Gagged

2ndフルアルバム。
何やら神話的なのがコンセプトらしい。
前作よりメタル色が強くなりテクニカルになってます。
こっちにもってったかぁ〜という感じ。
リフ主体は相変わらずですがかなりプログレッシブ。
ギターのタッピングは最早デフォルト。
ドラムはツーバスドコドコ。
ベースはユニゾン、スラップ、タッピングと出し惜しみなし。
ボーカルはシャウト成分が高まり表現も多彩に。

楽器陣がイントロだろうがAメロだろうがサビだろうが割とやりたい放題で、
サビでベースをタッピングで弾き倒してる曲を聴いたときは世界の平和を確信しました。
個々人が好き勝手やってるように聴こえても5人全員が混ざってカッコ良い曲だと思えるのは、曲の構成を練りに練って全員が持てる技術の限りを尽くして『必然性のある音』を出してるからなんでしょう(多分)。
自分は前作よりこっちのが好きですまるで。

1曲目『Bloodmeat』PV



前作からすると曲調もビジュアルも、何事かありけむ?!って感じになってます。
何事かあったのでしょう。むちゃくちゃテンションあがります。
Aメロのリフがいきなりカッコいいです。
んで落としパートからの大サビがエモすぎます。

4曲目『Sequoia Throne』PV



イントロから全開。
ベースの動きがいちいち素敵です。1:03のくいってとことか、1:14のパーン!てとことか。
この曲だけ何故かyoutubeでパートごとのトラックがUPされてるんですが(流出?)非常に参考になります。
弾くべきところはがっつり弾いてシンプルなところはとことん弾いてない。
それこそツーバス連打の裏で白玉一発。混ざるとベースも刻んでるみたいに聴こえるんだなぁとか。
このPV見て前々から欲しいと思ってたヘッドレスを絶対買おうと決めました。

7曲目『Spoils』PV



畳み掛けるリフとボーカル、そして終盤の開放感が気持ち良い。
どの曲も三連符の入れ方がエロいです。


そんなこんなでベースベース言ってますが前提はバンド全体が混じったのが良いってことなんですこれ重要です。
テクに傾倒しすぎるとなんかクサイ。シンプルすぎるとなんだか味気ない。
そんな自分の中のパフォーマー視点とリスナー視点を丁度良く満足させてくれるバンドです。


うひょー
(コメント:2件)
←前|次→
2009-12-15 19:22
[黒本]
ボーカルいきなりマッチョになって老けてますね笑
PC

2009-12-17 02:56
[を]
ギターは教祖になっとるしね(笑)
PC

←|→| (1/1)

[コメントする]

[←戻る]