2009年12月14日(月)

kezia - Protest The Hero / ひでを[]


01. No Stars Over Bethlehem
02. Heretics & Killers
03. Divinity Within
04. Bury the Hatchet
05. Nautical
06. Blindfolds Aside
07. She Who Mars the Skin of Gods
08. Turn Soonest to the Sea
09. The Divine Suicide of K.
10. A Plateful of Our Dead

俺も参戦します〜
カナダ発メタルコアバンドProtest The Heroの1stフルアルバム。
とある対バンさんにちらっと聴かせてもらっておおっ、と思いCD購入。
スクリーモ+メロコア・メタルな曲調で、このアルバムではメロコア色強め。

とりあえず全パート巧い。
ボーカルはスクリーモ゛!って感じでメロディパートからシャウトまで歌い上げ、楽器陣はリフ主体でメロディアス。でもテクに走り過ぎてなくキャッチー。
疾走感の中にさりげなく変拍子やら落としパートやら構築しつつも初期衝動的なものがちらちらしてます。

6曲目の『Blindfolds Aside』のPV


カッコよすぎるべな!と。
2:06〜のベースタッピングはroomでタッピングフレーズ入れたいなぁと思ったきっかけ。
別にタッピングじゃなくても問題なく弾けるフレーズなんだけど、奏法のニュアンスがいい感じに浮遊感だしてて曲の雰囲気に非常にマッチしてます。
2:43〜大サビの流れは今聴いても鳥肌立ちます。エモイ。


2曲目『Heretics & Killers』のPV


ナニコレ?(笑)

PVでは何やらすげーぶんぶんパフォーマンスしてますがライブでも割と同じような感じです。
多分ギターとベースは発泡スチロール製。
こんなところでメタルコア系では個人的に最強バンドです。良過ぎ。
ちなみにカナダでこのアルバム出したとき(2005年)のメンバーの年齢は17、8歳だったとか。
こんなん高校に居たら多分ベースやめてました。
むしろ弟子入りか。

(コメント:4件)
←前|次→
2009-12-15 19:17
[黒本]
ベースタッピングのところはなるほど!と思いました!
2曲目のPV意味わかんないですね笑
曲調からまさかこんなPVができるとは・・・。

PC

2009-12-17 02:55
[を]
本人らは気に入ってるらしい。。
最後のOver the rainbowがさっぱぷー
PC

2009-12-22 00:30
[かねし]
かっこいいな、PVの微妙なストーリ背景もおもろいですな。
PC

2009-12-25 16:44
[をでひ]
だしょ!
最後に一曲やらせてくれよ的な。
PC

←|→| (1/1)

[コメントする]

[←戻る]