2009年12月08日(火)

Sticks and Stones-NEW FOUND GLORY/黒本[]

高校の時に聴いたシリーズ。
これが僕がバンドやろうと思ったきっかけの音源ですね。

my friends over you-NEW FOUND GLORY


このPVやばいって!僕が大学一年生前半まで外人になりたかったのも、この影響です。
LASTBANDITやJUSTROCKっていう通販サイトで買った小さめのバンドT×鋲ベルト×ディッキーズ(カラビナに球のウォレットチェーン付き)×スケートシューズがライブの時の王道だ!さらに小物として軍隊用のネームプレートを首にして、さらにさらにプライベートではこれにバックパックを背負って、冬はバンドパーカーにコーチジャケットが王道だ!と思っていました。高2の時に冬休みだけ髪をオレンジにしたのも、浪人が決まった時にリアルモヒカンにしたのも、大学入ってでっかいピアスや口ピアス開けたのも、辿ればこのバンドに行き着くと思うと、すごい影響力ですね。

2ビートも初めてこのバンドでかっこいいなと思いました。ハイスタが好きな人には申し訳ないですが、当時の僕には全然ハイスタがかっこいいとは思えず、結局今まで積極的に聴かずにきてしまいました。
下の二つは、Sticks and Stonesの前の、セルフタイトルのセカンドアルバムの曲です。
better off dead-New Found Glory


同じ曲のライブ版!

1:10でボーカルが変な動きしてます。1:48のブレイクの仕方最高にかっこいい。
上手ギターのチャドが着てるパーカーは、BANEというハードコアバンドのパーカーです。悪すぎる・・・。
Swan Song-BANE

チャドはSHAI HULUDの元ボーカルで、NEW FOUND GLORYでもたまに叫んだりしてます。話が逸れましたが、最後にもう一曲セカンドから。
Dressed to kill-NEW FOUND GLORY

ガレージで演奏とか、完全にAMERICAN!このPVの女の子がめちゃくちゃかわいくて、友達とキャッキャ言って調べたりしてました。レイチェルリークックという人です(写真二枚目)。名前かわいい。

高1の冬に、大阪までライブ見に行って、始まる前に町をうろついていると、偶然ボーカルのジョーダンと、その時前座でやっていたグッドシャーロットの上手ギターとマネージャー的人にばったり会って、思わずコンビニに走ってノートにサインしてもらったのはいい思い出です。今思えばTシャツとかにしてもらえばよかった・・・。

レビューというよりは、思い出話になってしまいました。やべ、めちゃくちゃ懐かしい!

←前|次→
[コメントする]

[←戻る]