2018年06月18日(月)

2018-06-18 01:11
田舎暮らし 神社巡り 駄菓子屋通い[]
こないだ1年生の時の心日和の動画を観て手拍子を求めている自分に悪寒と舌打ちが出ました。若いね、君。

どうも、3年の山中です。
好きな芸人は、ラーメンズと2丁拳銃。好きな吉本新喜劇の座員は内場さんと烏川さんです。秀逸なツッコミに弱いです。よろしくどうぞ。

訳あって今実家に帰っており田舎と畳の心地よさを再確認しています。
ちなみに私のふるさと伊勢市がどれほど田舎かというと、川辺の木陰に腰かけて足元のサワガニを眺めながら近所の駄菓子屋で買ったラムネが飲める、そんな田舎町です。いいとこですよ。

せっかくなので地元にちなんだお話を。

新生活を始めたばかりの1年生は新興宗教の勧誘とか来てる時期なんでしょうか。

伊勢市は神社がとても有名な街です。知ってる人も多いのではないでしょうか。というか神社ぐらいしかないんですが…。伊勢神宮は日本で有数の神社で日本のみならず海外からも多くの参拝者が集まります。豆知識として、「伊勢神宮」の総数は関わる神社を全部合わせると125社(伊勢市以外にも)あり、伊勢市の面積の5分の1は伊勢神宮の所有地だとか。
神道は日本に古くから伝わる宗教のひとつです。神社だけでなく、芸術や日本人の風習にも残っているほどと考えるととても根強くあるものだとわかります。
しかし、いざ参拝してみるとそのやり方は人によっていろいろ。手の洗い方や参拝の仕方、順路、etc...。人によって解釈が違うため神社に入ると様々な人間模様が見られます。巨木に抱き着くモンベルの帽子を被ったJD、結界が張られた井戸に手をかざすおばちゃん、彼女にうんちくを語る男などなど。面白いですよね、人って。阿呆ですよね、男って。

「個性に寛容であること」は大事だとよく感じます。さっきの話も上げ足をとろうと思えば、間違いを指摘しようと思えば、「イチャイチャは家帰ってしな」と言おうと思えば、いくらでもできます。でもみんなめったに来れない場所に来て、それぞれの想いを伝えに来ているのですから、邪魔をしてはいけません。一生懸命ですから。正解が求められる場ではないですし。必要なのは知識ではなく気持ちです。どんな形でも素直な気持ちで話せば、神様にでも人にでも伝わると思っています。形=個性が変わってても気持ち=本質を見ることが大事かなと。なかなか難しいですけどね。

これは音楽にも言えることで。うちのサークルはいろんな音楽があって、いろんなプレイスタイルがあって、聴き方でさえその人の個性が出ます。変わって見えることも、カッコつけて見えることもありますけども。「山中さんは弾いてるときと普段でテンション違いすぎますね」と言われたこともありますが、それも個性。そこに寛容なのが先輩方の残してくれたいい伝統やと思うんで、それが残せたらいいなあと思います。楽しみませう、まずはそこから。

偉そうにいろいろ話してしまいすいません。お酒は飲んでないんですがなんかそんな気分で。あ、最近お酒飲んでないんでよかったら誰か一緒に飲み行きましょう。

言いたいことが伝わったか分かりませんが、飲みたいことだけでも伝われば幸いです。長い文章でしたが最後まで読んでくださりありがとうございます。よかったら伊勢にも遊びに来てください。


次はえびちゃんよろしく。


(コメント:4件)
←前|次→
2018-06-18 13:10
[吉田大使 ] []
伊勢市に行きたくなりました…。いいなぁ。

「どの口が言うのだ」と言われるでしょうが、みんながそれぞれ楽しいと思うことをすれば良いよね。

2018-06-18 13:12
[タナカ]
駄菓子屋マジで好き、仙台にもないのかな

2018-06-18 18:01
[ヤマナカ] []
To:吉田大使
いつでも案内しまっせ。

みんなが楽しいってのが大事やよね。それが各々やなくてみんなでやと尚良し。

2018-06-18 18:04
[ヤマナカ] []
To:タナカ
なんか駄菓子屋好きそうやよね。笑
こっち来てから見てないなぁ。でもこないだりょーまさんが見つけてたような…。


←|→| (1/1)

[コメントする]

[←戻る]